ウーマン

年齢に打ち勝つ基礎化粧品を選ぼう|40代から意識したいケア

セラミドで肌に潤いを

肌ケア

肌の重要成分セラミドとは

乾燥肌の対策のために使う化粧水はみなさんどのようなイメージをお持ちでしょうか。「乾燥した肌に水分を与えるもの」と思っている人が多いのですが、正確には水溶性の保湿成分を与えることが化粧水の主な役割になっています。多くの化粧水の成分に含まれているのは「セラミド」という成分があります。セラミドは私たち人の肌にある、肌の角質層の約8割を占めている成分です。乾燥肌は、このセラミドがうまく機能していないことが原因ともいわれています。乾燥肌の対策をするための化粧水を選ぶならまず、セラミドに注目してみましょう。セラミドは大きく分けると3種類存在し、人の肌にあるのと同じ構造をした人型セラミド、馬や小麦などの動植物から作られた非人型セラミド、セラミドと似た構造ですが、厳密にはセラミドではない疑似セラミドがあります。乾燥肌対策なら、人型セラミドを含んだ化粧水をお勧めします。

肌にやさしいスキンケア

いい化粧水を手に入れても間違った使い方をしてしまうと、その効果を得られません。では正しい使い方とは何でしょうか。一緒に見てみましょう。最初に化粧水を肌につけるとき、手でやる人と、コットンでやる人がいますが、手ですることをお勧めします。この時、パンパンと肌をたたかずに優しく抑え込むようにしてください。こうすることで化粧水の成分が肌によく浸透させてあげましょう。手で付けることのメリットは、その日の肌の調子が同時に分かることです。肌は毎日同じ状態であることはまずありません。常に注意深く確認して、いつもより乾燥している、今日はとてもしっとりしているなど、肌の状態に合わせて、つけるものの種類や量などを調節しましょう。