ウーマン

年齢に打ち勝つ基礎化粧品を選ぼう|40代から意識したいケア

最新の美容成分

化粧品

ビタミンCがパワーアップ

ビタミンCの美容効果を高めた最新ビタミンC誘導体成分が「apps」です。appsは今までのビタミンC誘導体よりも浸透性、持続性がアップしている美容成分です。肌の深層部まで届くので、ビタミンCの効果をしっかり感じることができます。appsを配合した化粧水は、美白効果、ニキビ改善効果、シワ・たるみのリフトアップ効果などが期待できます。ビタミンC誘導体化粧水にもまったく同じ効果がありますが、appsはその数倍の効果があります。紫外線で出来てしまったシミを分解したり、ニキビ跡の赤みを薄くする美白効果があり、よく効く美白化粧品として人気です。さらにコラーゲンを増やして肌にハリを出すので、エイジングケア化粧水にも使用されています。

保湿をすること

一般的なビタミンC誘導体化粧水には水溶性のビタミンC誘導体が配合されています。水溶性のビタミンC誘導体は肌につけるとすぐに浸透するので即効性があります。しかし、うるおい効果がほとんどないので肌が乾燥してしまう場合があります。appsは水溶性に加えて油溶性の働きも持っています。オイルとしての機能もあるので、普通のビタミンC誘導体化粧水よりも乾燥しにくくなっています。ただし、乾燥しにくいとはいってもapps化粧水だけでは保湿がたりないので、別にクリームで油分を与えることが大切です。乾燥が心配な場合はapps化粧水の他にセラミド入りの化粧水をつけて、その後に乳液やクリームでふたをするのがお勧めです。